プレスリリースの差し替えについて

「平成24年5月10日のプレスリリースについてお詫びと訂正」の差し替えについて

平成24年12月12日

医療法人財団夕張希望の杜

平成24年11月1日に当法人ホームページで発表しました「平成24年5月10日のプレスリリースについてお詫びと訂正」におきまして、「警察及び裁判所での発表をもちまして、当法人でのプレスリリースに代えさせていただきます」と発表しましたが、
当該機関からはそのような発表はなされておりませんでした。

また、5月10日のプレスリリース(「平成24年5月9日夕張市内で発生した事件について」)の訂正についても
具体的な訂正内容の説明を行っておりませんでした。

つきましては、以下のとおり11月1日の発表を訂正させていただきます。

度重なる不手際により関係各位にご迷惑をおかけしたことを、深くお詫び申し上げます。


 

平成24年5月10日に発表いたしました「平成24年5月9日夕張市内で発生した事件について」のプレスリリースについて、内容に誤りがあったことが判明しましたので、ここにお詫びいたします。

 

当法人は、事件発生直後5月10日の時点で、中神真澄元職員が介護士と報道されたことについて看護師の間違いであるとの発表をいたしましたが、5月29日に看護師資格を持っていないことが判明いたしました。

 

また、平成24年5月10日時点において村上前理事長からの聞き取りをもとに、中神元職員とはあくまで上司と部下の関係、中神元職員からストーカー的な行為があった。また、被害者の女性とは家族ぐるみで親交があったと発表をいたしましたが、平成24年10月30日から行われた刑事裁判において、村上前理事長が中神元職員及び被害者の双方と交際関係にあったとの当人の供述がありました。

 

事実関係についての確認が不十分なまま、誤った内容をホームページ等で公表してしまい、患者様をはじめとした関係各位に混乱を招くような事態になりましたことにつきまして、深くお詫び申し上げます。

 

今後は、プレスリリース等の公表に際して、事実関係の確認に十分留意して再発の防止に努めてまいります。

 

当法人が運営する夕張医療センターでは、6月に新たな医師も加わり、現在も職員一丸となって医療福祉サービスの提供を続けております。

 

今後は一日も早い信頼回復に努め、地域に貢献できる事業を継続してまいる所存です。

 

平成24年11月1日

医療法人財団 夕張希望の杜

理事長 八田政浩

Comments are Closed