東京でのシンポジウムのお知らせ(八田理事長講演予定)

11月18日に東京で開催される「医療・看護・介護サービスにおけるコミュニケーション革新」というシンポジウムにおいて、

理事長で歯科医の八田政浩が、夕張での取り組みを発表する機会をいただきました。

在宅ケアを夕張というへき地において強力に推進していために、様々な取り組みを実践しています。

そんな中から、情報共有のシステムに注目していただきました。

夕張もがんばっているぞ!

というメッセージを全国に向けて発信していきます。詳細は以下をご参照ください。
===========================================================
サービス科学シンポジウム
「医療・看護・介護サービスにおけるコミュニケーション革新」開催案内

http://www.jaist.ac.jp/ks/mot/JSTservice/symposium.html

急速に少子高齢化が進む日本において、医療・看護・介護サービスの質と
効率の向上は、極めて重要な社会的課題です。昨今の、スマートフォンや
ソーシャルメディアなどのコミュニケーション技術の進展は、多人数・
多職種で行う医療・看護・介護サービスに大きな変革をもらたす可能性を
持っています。本シンポジウムでは、医療・看護・介護サービスにおける
スタッフ間のコミュニケーションについて、先進的な取り組み、現場での
実践をされている方々をお招きし、ご講演をいただきます。
また、JST RISTEX問題解決型サービス科学研究開発プログラムの1つと
して、2010年10月から3年間研究開発を行ってきた「音声つぶやきによる
医療・介護サービス空間のコミュニケーション革新」プロジェクトの成果
報告も行います。ぜひ多くの方にご参加いただければと思います。

■日時:2013年11月18日(月) 13:30~17:30

■場所:北陸先端科学技術大学院大学 東京サテライト(品川)
(〒108-6019東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟19階)

http://www.jaist.ac.jp/satellite/sate/access/index.html

■招待講演1
「状態適応型で設計・提供される医療・看護・介護サービスを社会技術とするための課題
~ つぶやきICTによる「状況揮発性」と「情報共有困難性」の課題解決 ~」
水流聡子 氏(東京大学)
■招待講演2
「地域医療・介護におけるICTツールの活用~夕張での多職種連携~」
八田政浩 氏(夕張希望の杜)
■招待講演3
「介護施設の申し送りを支援するシステムの現場参加型開発」
西村拓一 氏(産業技術総合研究所)
■成果報告
「音声つぶやきによる医療・介護サービス空間のコミュニケーション革新」プロジェクト
全体概況報告 内平 直志 氏(北陸先端科学技術大学院大学、研究代表者)
個別報告
音声つぶやきコミュニケーションシステム 東芝 鳥居健太郎氏、
サービス可視化・評価システム 清水建設 平林裕治氏
モデリング&シミュレーション 北陸先端科学技術大学院大学 平石邦彦氏
サービス評価 岡山大学 杉原太郎氏

■パネル討論
「医療・看護・介護サービスの質を高めるスタッフ間のコミュニケーションに必要なこと」
司会:平林裕治氏(清水建設),パネリスト:講演者ほか.

■参 加 費:無料
■主  催&参加申し込み&問い合わせ先:
参加希望の方は下記までメールでご連絡ください.
「音声つぶやきによる医療・介護サービス空間のコミュニケーション革新」プロジェクト
研究代表者:内平 直志 氏 北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科
uchihira@jaist.ac.jp

本シンポジウムは、 社会技術研究開発センター 「問題解決型サービス科学研究開発
プログラム」の受託事業の一環として開催いたします。

Comments are Closed